« YICHA クローラ問題 | ホーム | English Exam »

2007年8月 8日

CentOS に Trac をインストール

最近思うのですが、日本の一般の会社って日常業務をコンピュータで簡素化・システム化して便利にしようという発想があまりないようです。メールで皆に渡っているデータを Mtg の度にプリントアウトして全員に渡したりコピーしたり。Eco はどこへ行った、Lohas はどこへ行ったと言いたくなります。

そんな環境にいても、Trac の恩恵に個人的には預かれると思いまして、CentOS5 に Trac をインストールしました。大体の手順は覚えていましたが、以下の3サイトを参考にして、最後は日本語化まで到達するという目標。(日本語化は次エントリで)

まず yum の設定。CentOS-Base.repo ファイルに以下を記述

# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo

[dag]
name=Dag RPM Repository for Redhat EL4
baseurl=http://apt.sw.be/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
gpgcheck=1
enabled=1
gpgkey=http://dag.wieers.com/packages/RPM-GPG-KEY.dag.txt

Trac と svn をインストールします。依存関係を自動的に調べてくれます。yum 親切。

# yum -y install trac .
.
.
.
.
============================================================================= Package Arch Version Repository Size ============================================================================= Installing: trac noarch 0.10.4-1.el5.rf dag 768 k Installing for dependencies: clearsilver i386 0.10.4-2.el5.rf dag 286 k python-clearsilver i386 0.10.4-2.el5.rf dag 218 k subversion i386 1.4.4-0.1.el5.rf dag 4.2 M

Transaction Summary
=============================================================================
Install 4 Package(s)
Update 0 Package(s)
Remove 0 Package(s)

Total download size: 5.5 M
Is this ok [y/N]:

svn がインストールされていないマシンだったので、一緒にインストールしてくれるそうです。どこまで親切なの。y を押してインストールを進めます。何事も起こらず終了すれば良いのだが。


Installed: trac.noarch 0:0.10.4-1.el5.rf
Dependency Installed: clearsilver.i386 0:0.10.4-2.el5.rf python-clearsilver.i386 0:0.10.4-2.el5.rf subversion.i386 0:1.4.4-0.1.el5.rf
Complete!

やったね!インストールは完了。
それでは svn を準備します。

# mkdir /var/svn
# svnadmin create /var/svn/repos

次にいよいよ Trac のプロジェクト作成

# trac-admin /var/svn/repos/project-x initenv
Creating a new Trac environment at /var/svn/repos/project-x

Trac will first ask a few questions about your environment
in order to initalize and prepare the project database.

Please enter the name of your project.
This name will be used in page titles and descriptions.

Project Name [My Project]> Project-X

Please specify the connection string for the database to use.
By default, a local SQLite database is created in the environment
directory. It is also possible to use an already existing
PostgreSQL database (check the Trac documentation for the exact
connection string syntax).

Database connection string [sqlite:db/trac.db]>

Please specify the type of version control system,
By default, it will be svn.

If you don't want to use Trac with version control integration,
choose the default here and don't specify a repository directory.
in the next question.

Repository type [svn]>

Please specify the absolute path to the version control
repository, or leave it blank to use Trac without a repository.
You can also set the repository location later.

Path to repository [/path/to/repos]> /var/svn/repos

Please enter location of Trac page templates.
Default is the location of the site-wide templates installed with Trac.

Templates directory [/usr/share/trac/templates]>

---------------------------------------------------------------------
Project environment for 'Project-X' created.

You may now configure the environment by editing the file:

/var/svn/repos/project-x/conf/trac.ini

If you'd like to take this new project environment for a test drive,
try running the Trac standalone web server `tracd`:

tracd --port 8000 /var/svn/repos/project-x

Then point your browser to http://localhost:8000/project-x.
There you can also browse the documentation for your installed
version of Trac, including information on further setup (such as
deploying Trac to a real web server).

The latest documentation can also always be found on the project
website:

http://trac.edgewall.org/

Congratulations!

Project Name に任意のプロジェクト名を付けられます。その後の2つの質問にはただ Enter を。最後に svn レポジトリへのパスを聞かれるので、先ほど svnadmin で作成した /var/svn/repos を指定します。これで Trac 自体の設定は一通り完了。

いやぁ、yum っておいしいですね。

これで Trac が使えるのか使えないのか、どっちなんだい!というせっかちな人のためにApache Trac 付属の http サーバで Web アクセス出来るという便利なサービスがもれなく付いてきます。その場合は以下のコマンドを実行します。このままずっと使うなら、コマンドの最後に & を付け起動時に走らせても良いかも。

# tracd --port 8000 /var/svn/repos/project-x

ここから Apache VirtualHost で NameVirtualHost を使って Trac に接続する方法。
Apache で mod_python.so が必要になります。yum -y insatll mod_python をしてインストールします。

その後 httpd.conf を編集


+LoadModule python_module modules/mod_python.so
-#NameVirtualHost *:80
+NameVirtualHost *:80

レポジトリのパーミションを、Apache から変更可能にし、Trac 用の VirtualHost を作ります。ついでに Basic 認証を掛けます。


# chown -R apache:apache /var/svn/repos/project-x

# vi /etc/httpd/conf.d/trac.chansuke.com.conf


ServerName trac.chansuke.com
DocumentRoot /var/svn/repos
Alias /project-x "/var/svn/repos/project-x"

Options -Indexes FollowSymLinks
AllowOverride None


AuthType Basic
AuthName "Trac User"
AuthUserFile /var/svn/repos/.htpasswd
Require valid-user

Options -Indexes FollowSymLinks
Order allow,deny
allow from all
SetHandler mod_python
PythonHandler trac.web.modpython_frontend
PythonOption TracUriRoot "/"
PythonOption TracEnvParentDir /var/svn/repos


Basic 認証用のユーザパスワードも作成


# htpasswd -c /var/svn/repos/.htpasswd chansuke
New password:
Re-type new password:
Adding password for user chansuke


これで Apache を再起動すれば OK


# /etc/init.d/httpd restart
Stopping httpd:                      [ OK ]
Starting httpd: [Fri Aug 10 16:45:11 2007] [warn] module python_module is already loaded, skipping
                             [ OK ]

む、なんか文句を言われたぞ…。とりあえず httpd は起動しているようなのでアクセスしてみよう。ブラウザから http://trac.chansuke.com/project-x にアクセス。キター!!
trac image

なんだかこのエントリが長くなってしまったので、日本語化に関しては次エントリで書きます。英語でも何の問題もなく皆が使ってくれるような人々だと楽なのだが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chansuke.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/548

Comments

  • I heart FeedBurner
  • track feed ::how come::

このブログ記事について

このページは、chansukeが2007年8月 8日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「YICHA クローラ問題」です。

次のブログ記事は「English Exam」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。