« kinesis Keyboard | ホーム | Analog film camera shooting »

2008年2月 2日

Dr. HOUSE 日本語版は間違い

Dr. House

ちょうど今 FOX で OA されているんだけど、とにかく Dr. House の言葉遣いが荒すぎる。

「おれの権限をうばいやがったな!!」

これはないですよ…。これはひどい。

去年の Newsweek 「丸ごと一冊海外ドラマ特集」でライターが書いていたように、House が嫌われない理由は、視聴者に嫌われる一線を越えない自由奔放さでしょ。カディ(上司)の言うことを聞かないのは、ただそういうキャラクターを演じているだけだし、カディもそれを分かってる。部下に対して素っ気ない態度を取るのは、部下に自分で考えさせるためのはず。
それなのにこの声優(誰だか不明)の言い方はまるで反抗期の子供みたいに嫌みな言い方で、本当にいやなやつだ!と思ってしまう。カディもそうだけど、ただお互いに嫌みを言い合っているようにしか聞こえない。

声優って職業柄普通は声が太くて通りやすい、いわゆる良い声なのでしょうがないんですが、少なくとも House 役の Hugh Laurie はこんな普通の声じゃない。Hugh の声は Dr. House が流行る一因でもあったのに、非常に残念です。

声優だけじゃなく、翻訳が悪いっていうのもあります。微妙な人間関係とかもオリジナルと違って伝わってくるんですよ。期待していなかったけど、やはりオリジナルを超える吹き替え版というのはなかなかできるものじゃないですね。

# 関係ないけどシーズン1 の最初の方って、画の色味がちょっと暗めだなあ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://chansuke.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/577

Comments

  • I heart FeedBurner
  • track feed ::how come::

このブログ記事について

このページは、chansukeが2008年2月 2日 00:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「kinesis Keyboard」です。

次のブログ記事は「Analog film camera shooting」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。